『となりのトトロ』 文庫屋「大関」 箱まち口金付き札入れ

箱まち口金付き札入れは、小銭入れ部分が大きく開く使いやすい仕様です。
大切な方へのプレゼントや自分へのご褒美にピッタリの逸品です。

販売価格 : 21,000円 + 消費税
(税込 22,680円)
発売日 : 2016/10/28
ポイント : 2100 ポイント
在庫 : ×
サイズ:W約12.8×H約10.3×D約2.7cm
素材:牛革、ポリエステル、鉄など

※手作りのため、製造可能数に限りがございます。品切れの際は何卒ご容赦ください。
※手作りのため、発売予定日よりも遅れる可能性が御座います、予めご了承下さい。


入荷案内申し込み
  • お気に入りに追加
文庫屋「大関」とは・・・
播州姫路の地場工芸であった姫路革細工を基に江戸に伝わった技術を、 大正初期に横浜で修行した大関卯三郎が東京墨田区で創業したのが文庫屋「大関」です。
「文庫革」という伝統工芸品を創業より約88年(2015年1月現在)、
ひとつひとつ手作業で丁寧に作り続けています。
播州姫路で生産される姫路革とも呼ばれる真っ白な革に型を押し、
一筆ずつ彩色を施して漆で古美をつける工程を経て、
袋物や小物などに仕立てます。

現在では、昔ながらの製法で「文庫革」の名前で製作しているのは、
日本で文庫屋「大関」1軒だけであり、
その独特な魅力は国内外から高く評価されています。