好きを仕事に。
やりたいことをムービックで。

この度は「ムービックの仕事」にご興味をいただき、誠にありがとうございます。先輩社員のページに、みなさんの「やりたいこと」はありましたでしょうか。また、まだ「やりたいこと」を模索している方には、いくつかの参考例として「ムービックの仕事」にご興味を持っていただけましたら幸いです。
実は彼らの仕事はどれも特別なものではなく、ムービックでは誰でもチャレンジすることができるものです。ムービックにはアニメイトグループの特徴でもある、年次役職に関わらず、誰にでもなんにでもチャレンジできる環境があります。商品の改良、新しい販売チャネルの開拓、コラボ企画、オリジナルコンテンツの立ち上げなど、社員の「やりたいこと」が原動力となり、ムービックは成長してきました。もちろんその中には、入社1年目の社員が提案・実現したものもあります。

そうした自分の「やりたいこと」を実現するためには、自らその一歩を踏み出す行動力がとても大切です。必ずしも、絵が描ける必要はありません。必ずしも、マンガに詳しい必要もありません。「やりたいこと」のためにどうするかを自ら考え、それに対して行動できることをムービックは大切にしています。先輩紹介にもありましたが、社員の「やりたいこと」サポートできる環境も整えています。会社・先輩がたくわえた経験をステップにして、「やりたいこと」を実現につなげていけます。
一歩を踏み出すと、好きだったものをそれまでと異なる側面から見ることもあるかもしれません。人によってはそのギャップに悩むことも、正直あるかも。ですが「やりたいこと」ができることが、とてもとても大きな魅力です。流した汗が、みなさんの笑顔で喜びに変わる。そうした瞬間が毎日そこらじゅうにあるのです。

ムービックは業界において、コンテンツを作る側と、それを受け取る側の架け橋の役割を担っています。コンテンツが存在しなければ、みなさんに受け取ってもらわなければ「ムービックの仕事」は成立しません。みなさんの「やりたいこと」が、その2つをつなぐことができるのです。もちろん一度だけつなぐことを求めているわけではありません。それは久しぶりにだったり、長期にわたってだったり、あるいは別の場所に架け替えたり、いくつもパターンがあります。実は社員からよく聞くのですが、「やりたいこと」がすぐできてしまうことが、ムービックは本当に多いのです。一度で終わりになるのではなく、その経験から学び、さらに次の「やりたいこと」を進化させる。そうしたことができる環境があり、さらに全体がフォロー・切磋琢磨していくことで先輩社員は自身に磨きをかけています。

「やりたいこと」を積み重ねて、自分を磨き、一回りも二回りも成長していくことが、入社後には必ず実感できるはずです。あなたの「やりたいこと」を「ムービックの仕事」として実現してみませんか。いくつもの橋をかけ、いろいろな場所に行くことができる、そうした仕事を一緒にしましょう。

ムービック採用委員会

ENTRY SPECIAL MOVIE